0308
甘えん坊なにゃんこはかわいいですよね!

すりすりしてきたり、膝の上に乗ってきたり…

犬はいつでもかまってちゃんな傾向がある気がしますが、猫は自分の甘えたい時にだけ甘えるような傾向はありますよね。

でも、たまに「君は犬か!?」ってくらい甘えん坊なにゃんこが存在するのは確かです。

この甘えん坊にゃんこ達に共通するのが、「飼い主さん大好きにゃんこ」です。

ここに、甘えん坊なにゃんこに育てる秘密がありそうです!

甘えん坊はもともとの性格!?

甘えん坊なにゃんこは、もともとの性格に由来するものなのでしょうか?

それとも、育てる人や環境によるものなのでしょうか?

答えはおそらく両方です。

でも、育てる人や環境が大きく影響すると感じています。

甘えん坊にゃんこに育て中

0068

上の写真は、新玉旅館の甘えん坊にゃんこ、モカくん(右)とグレースくん(左)です。

この子たちは、保護され、新玉旅館にやってきた時から甘えん坊でした。

人に対する警戒心が全くなく、初対面の人でも近寄って行って膝に乗り、なでられて喉をならしていました。

おそらく、生まれてから人に可愛がられていたはずです。

膝に乗せてもらい、なでてもらい、甘えさせてもらい、遊んでもらい、人からイヤなことをされずにいたからこそ、人に対して警戒心なく甘えるようになったのだと思います。

今はまだまだ子猫なので、特に甘える時期なのかもしれません。

でも、子猫のときから人の膝に乗ったり、なでられたり、遊んでもらったりすることに幸せを感じると、大人になってからも甘えたい時には膝に乗ったり、なでてもらったり、遊んでもらったりするにゃんこになるはずです。

新玉旅館でモカくん・グレースくんのおもてなしを受けたお客様たちは、この子たちの虜になる方が続出しています!!!

オス猫の方が甘えん坊!?

オス猫の方が甘えん坊とよく言いますよね。

先にご紹介した新玉旅館のモカくん・グレースくんもオスですね。

「君は犬か!?」と思うくらい甘えるのはオスの方が多いような気がしますが、メスも甘えます。

下の写真はまだ生まれて数ヶ月の頃に保護され、新玉旅館にやってきたベルちゃん。
bell_2

この子もまだまだ子猫でやんちゃですが、甘え上手です。

この子も新玉旅館にやってきた時から人に対して警戒心がなく、初対面の人でも近寄って、膝によじ登ったり、遊んでもらったり、チュパチュパしたりしていました。

甘えん坊に育てるには、人との関わり方が大切!

子猫の時から、人の膝に乗るのが心地いい・人になでられるのが心地いい・遊んでもらうと楽しいと感じてもらうことで、甘えたいときには甘えてくる猫に育つことでしょう。

人を怖がる成猫を、甘える猫に育てるには、かなり根気が必要です。

少しずつ、人は怖くない、なでられると心地いい、膝に乗ると心地がいいと思ってもらえるように関わっていく必要があります。

好きな人には甘えます♥

にゃんこたちは、好きな人には甘えるものだと思います。

冒頭で書いた、「飼い主さん大好きにゃんこ」は飼い主さんのことが大好き過ぎて甘えるんです。

にゃんこに愛情を持って接していれば、にゃんこからも愛されるようになるでしょう。

愛情を持って、信頼関係を築いて、お互いに良い関係になれると良いですね!

新玉旅館の甘え上手なにゃんこたち

新玉旅館には、モカくん・グレースくん・ベルちゃんの他にも、甘え上手なにゃんこたちがたくさんいます。

最高齢のあまぐりちゃんやミミズクくんは、お気に入りのお膝を見つけるとずーーーーーーと乗っています。

少し変わった甘え方?をするのが、ミルクちゃん。

ミルクちゃんはマッサージでコミュニケーションします。

マッサージはせずに、お腹や背中に居座る時もあります(笑)

ミューミューちゃんは、他のにゃんこと比べても特に気分屋さんですが、甘えモードのミューミューちゃんに甘えられると一発でやられちゃいます♥
まだまだ他にも甘え上手なにゃんこがたくさんいます!

詳しくは、
コチラのページ → 新玉旅館のにゃんこたち や
他の投稿をご覧下さいませ!