新玉旅館の猫たちは、旅館周辺の地域で保護された保護猫たちです。

日本では、飼い主のいない猫ちゃんたちが、年間13万匹(平成23年度)も殺処分されています。

殺処分される猫ちゃんをなくすためにも、地域の猫を保護し、避妊・去勢手術を受けさせる活動をしています。

さくらねこ

新玉旅館の猫の中には、耳をカットされた、さくら耳の猫ちゃんがいます。

さくらねこと呼ばれる猫ちゃんなのですが、さくらねことは、避妊・去勢手術をすでに受けている印として、耳をサクラの花びら型にカットされたノラ猫のことです。

さくらねこは、地域で保護されている猫として扱われるため、外で暮らしていても保健所に連れて行かれることはありません。

新玉旅館さんの保護猫活動に対する思い

さくらねこ活動の避妊・去勢手術は、助成金が出るので無料で手術ができるのですが、新玉旅館のおかみさんは、猫ちゃんたちの耳をカットするのがしのびないという思いで、自費で手術を受けさせ、保護しています。

ノラ猫の殺処分も、さくらねこ活動で避妊・去勢し子どもを産めない体にしてしまうことも、人間の都合ですよね。

人間の都合で避妊・去勢手術をさせられた猫ちゃんたちが、少しでも幸せに生活できるよう配慮する必要があるのではないかと思います。

猫ちゃんたちがどのように過ごすのが幸せなのかということは、想像することしかできませんが、できる限り、その猫ちゃんの意向に添いたいと考えています。